工 房  武 久

工房武久について

工房 武久の精神

~守り伝えられたものは、ゆがめることなく、その真意と本筋を次に伝えなければならない~

時を経るほどに、深く、広く―― それが、伝統の技と心を受け継ぐ者の天命である思います。同時にそれは、誇るべきことでもあるのです。

1200年以上の歴史を背景に、幾多の美技美芸を育み伝えてきた”京都”にあって、平安武久は京甲冑師として”京もの”の伝統と正統、その心と技を磨いてきました。そして願うのは、日本の心、日本の伝統技のすばらしさを、広く知っていただきたいのです。そのために工房武久は、五月人形(鎧・兜)と節目(節句)を祝す心を、より深く、たしかに人々に伝えていきます。

------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
◇工房 武久 佐治健夫
------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------



------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
◇工房 武久 佐治幹生
------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------



 ―・―・―・―・―・―・―・―・―・―・―・―・―・―・―・―・―・―・―・―・―・―・―・―・―・―・―・―・―・―・―

◆伝統を守り継ぐものの証 「京都洛冑会」

工房 武久の鎧・冑には「京都洛冑会」の名匠が
製作したことの証である「祈大願成就」のメダルがついています。



 ―・―・―・―・―・―・―・―・―・―・―・―・―・―・―・―・―・―・―・―・―・―・―・―・―・―・―・―・―・―・―
◇1200年を越えて熟成された京の手仕事
 本ものだけがもつ風格を今に伝える京甲冑師 武久

------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
[錺り金具師]
◎鎧・兜に優美な趣を添える数々の錺り金具。
兜の「鍬形台」「吹返し」、鎧の「袖」「籠手」「臑当」など、随所に華麗な技が光る。

------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
[鍛金師]
◎職人の鉄槌が無機質な金属板に生命を吹き込む。
鎧・兜の全体を構成する金属部のすべてが職人の手によって打ち出され、形を整えていく。
「面頬」や「兜鉢」など、一枚の金属板が手練の技によって各部を形づくる。
------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
[彫刻師]
◎魂をこめる刃先から生まれる空翔る龍。
武久の「前立」は源氏重代の鎧・兜に範をとり、「龍頭」は躍動感に満ち溢れている。
一点一点丹念に木彫り仕上げ・・・
------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
[塗 師]
◎幾重にも塗り重ねる漆は、職人の思いと塗りの味わいを深める。
兜の「錣」、鎧の「袖」「草摺」、各部を構成する小札板と、鎧・兜を収める「唐櫃」は、
塗師の手によって本漆が施される。
------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
[箔押師]
◎金箔の品格ある光は、職人がひきだすこころの輝き。
「前立」の「龍頭」、「錣」、「吹返し」などの小札板に、一本の箔箸をあざやかに繰りながら本金箔を施す。
------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
[房 師]
◎繊細な絹を組む、雄々しさに雅の気品を醸し出す。
赤糸縅、紺糸縅の名で呼ばれるように、鎧・兜は縅毛という組紐や房で覆われている。
これら組紐や房は、職人の手により数十工程を経て生み出されてゆく。
------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
[統 師]
京甲冑師 平安武久
平安武久には、伝統の各職を束ねる立場と
職人武久としての立場との二様がある。
前者は各職の技を守り育てること、
後者はその”技”の結晶を武久の名人技によって縅し、
組み合せて一領の鎧・兜に仕上げることである。
伝統とは何か、職人芸とは何か、甲冑師の統師として、
また一個の職人として、武久は常に問い、最高を求め続ける。

同じカテゴリー(工 房  武 久)の記事画像
伝統を守り継ぐ者の証
同じカテゴリー(工 房  武 久)の記事
 伝統を守り継ぐ者の証 (2010-10-13 22:09)
京甲冑 工房 武久
〒602-8331 京都市上京区六軒町通り一条上がる若松町358
TEL:075-467-4311
FAX:075-467-4312
オーナーへメッセージ