五月人形製造工程

<4> 唐櫃

<4> 唐櫃

鎧・兜を飾る台座として、また鎧・兜の収納箱として大きな役割を持つ唐櫃。
木材に布張りを施しその上から、下塗り・中塗り・上塗りを施し研ぎをして柄を出したり布目を出します。
さらに塗りを施し本金メッキの飾り金物で仕上げます。また内側は、化粧紙張りを施してあります。

同じカテゴリー(五月人形製造工程)の記事画像
<1> 鍬型
<2> 鉢
<3> 金箔押し
<5>錺り金具
<6>房・糸
<7>頭裏
同じカテゴリー(五月人形製造工程)の記事
 <1> 鍬型 (2010-10-16 15:20)
 <2> 鉢 (2010-10-16 15:00)
 <3> 金箔押し (2010-10-16 14:00)
 <5>錺り金具 (2010-10-16 11:30)
 <6>房・糸 (2010-10-16 10:30)
 <7>頭裏 (2010-10-16 10:00)
京甲冑 工房 武久
〒602-8331 京都市上京区六軒町通り一条上がる若松町358
TEL:075-467-4311
FAX:075-467-4312
オーナーへメッセージ