五月人形製造工程

<3> 金箔押し

<3> 金箔押し

金箔は、全て純度95.5%以上の純金箔を使用しています。
塗師の手によって漆を施された小礼板に、箔押し師の手錬の技によって一枚一枚押されて行く金箔は、鎧・兜一領あたり百余枚使用されています。仕上がった小礼は、また塗師の手に戻り、裏側に透漆を施され、こうして白檀塗りが出来上がり小礼を仕上げて行きます。又、龍頭も同じように箔押しを施しております。

同じカテゴリー(五月人形製造工程)の記事画像
<1> 鍬型
<2> 鉢
<4> 唐櫃
<5>錺り金具
<6>房・糸
<7>頭裏
同じカテゴリー(五月人形製造工程)の記事
 <1> 鍬型 (2010-10-16 15:20)
 <2> 鉢 (2010-10-16 15:00)
 <4> 唐櫃 (2010-10-16 12:00)
 <5>錺り金具 (2010-10-16 11:30)
 <6>房・糸 (2010-10-16 10:30)
 <7>頭裏 (2010-10-16 10:00)
京甲冑 工房 武久
〒602-8331 京都市上京区六軒町通り一条上がる若松町358
TEL:075-467-4311
FAX:075-467-4312
オーナーへメッセージ