鎧・兜について

五節句について

■節句を楽しむ・・・

◇お節句は季節を祝う家族のセレモニー

季節の移り変わりとともに、子供の成長を確かめ、家族の健康を願い、語らいのだんらんがある・・・。お節句を通じてそんなシーンが時代ごとに繰り返されてきたのでしょう。節句とは堅苦しい決まりごとではなく、季節感を取り入れながら家族のコミュニケーションを図るための生活の知恵なのです。

たとえば記念日や誕生日の感覚で、家族揃って季節のイベントとして思いきり楽しみましょう。それが本来のお節句の過ごしかたではないでしょうか。


五節句について
◇五節句――日本の心の行事。さらに伝え、広げたいと思います。
・七草の節句(人日/じんじつ):正月七日・・・七草がゆをいただき一年の健康を祈る。

・桃の節句・ひなまつり(上巳/じょうし・じょうみ):三月三日・・・女の子の末長い幸を願う。

・菖蒲の節句(端午/たんご):五月五日・・・男の子の健やかな成長への願いを託す。

・七夕/たなばた・しちせき(星祭):七月七日・・・笹竹の飾りに願いをかける。

・菊の節句(重陽/ちょうよう):九月九日・・・菊の香に延寿を祈り、実りを感謝する。


一年のうち、奇数の月と日が重なる四日に一月七日を加えて、五節句といいます。古代中国での習慣が日本に伝わり、時代を経る中で暮らしとともに受けつがれてきた年中行事です。一年、そのときどきに、家族の幸を祝し祭る日本の心の行事として、さらに深くたしかに伝えていきたいと思います。

同じカテゴリー(鎧・兜について)の記事画像
鎧・兜について
同じカテゴリー(鎧・兜について)の記事
 鎧・兜について (2010-10-14 22:45)
京甲冑 工房 武久
〒602-8331 京都市上京区六軒町通り一条上がる若松町358
TEL:075-467-4311
FAX:075-467-4312
オーナーへメッセージ