鎧・兜について

鎧・兜について




■五月人形と端午の節句(子供の日)

 男子の誕生をお祝いし、健やかな成長を願う端午の節句は、奈良時代から伝わる行事です。端の”端”は「最初」の意味、「端午」とは月の初めの午(うま)の日を指した言葉で、中国ではこの日は良くない日とされ、災難を避けるために菖蒲やよもぎなどの薬草によって魔除けをする慣わしがありました。
 日本では、「午」と「五」の音が同じであることから、五月五日を端午とし、また、この「菖蒲」が武を尊ぶ「尚武」や「勝負」に通じることから、勇壮な男子の節句とされて、武具(鎧・兜)などを飾る風習が生まれてきました。
 さらに、江戸時代になると武士への憧れが強まり、子供の立身出世を願う一般民衆や商人にまで鎧・兜を飾ることが広まってゆきました。この子供の将来に願いを託すという意義を引き継いで、昭和23年に国民の祝日とされたのが「子供の日」です。健やかな成長をお祝いする五月人形は、家族の願いが込められています。


五節句について

■節句を楽しむ・・・

◇お節句は季節を祝う家族のセレモニー

季節の移り変わりとともに、子供の成長を確かめ、家族の健康を願い、語らいのだんらんがある・・・。お節句を通じてそんなシーンが時代ごとに繰り返されてきたのでしょう。節句とは堅苦しい決まりごとではなく、季節感を取り入れながら家族のコミュニケーションを図るための生活の知恵なのです。

たとえば記念日や誕生日の感覚で、家族揃って季節のイベントとして思いきり楽しみましょう。それが本来のお節句の過ごしかたではないでしょうか。



◇五節句――日本の心の行事。さらに伝え、広げたいと思います。
・七草の節句(人日/じんじつ):正月七日・・・七草がゆをいただき一年の健康を祈る。

・桃の節句・ひなまつり(上巳/じょうし・じょうみ):三月三日・・・女の子の末長い幸を願う。

・菖蒲の節句(端午/たんご):五月五日・・・男の子の健やかな成長への願いを託す。

・七夕/たなばた・しちせき(星祭):七月七日・・・笹竹の飾りに願いをかける。

・菊の節句(重陽/ちょうよう):九月九日・・・菊の香に延寿を祈り、実りを感謝する。


一年のうち、奇数の月と日が重なる四日に一月七日を加えて、五節句といいます。古代中国での習慣が日本に伝わり、時代を経る中で暮らしとともに受けつがれてきた年中行事です。一年、そのときどきに、家族の幸を祝し祭る日本の心の行事として、さらに深くたしかに伝えていきたいと思います。

京甲冑 工房 武久
〒602-8331 京都市上京区六軒町通り一条上がる若松町358
TEL:075-467-4311
FAX:075-467-4312
オーナーへメッセージ